小鼻縮小術

手術について

小鼻縮小術は大きく、外部から見える皮膚を通して切開する手術と、内部的に切開する手術に分けることができます。外部的な切開を加える手術はオープン切開と同様に傷の可能性がありますので、専門医と十分な協議の後、慎重に決定するようにします。

*手術後には出血、炎症、腫れなどが起こることがあります。安定性が検証された医療機関の選択と手術後の注意事項をよく守っていただくのが副作用を 防ぐことができる最良の方法です。