短い鼻の整形手術について

手術について

短い鼻ということは鼻筋が短い場合と鼻先が短い場合の二つに分かれます。

鼻筋が小さい鼻

  • 最初の原因である鼻筋が短いのは、主に眉間があまりにも低く、鼻の全体的な長さが短くなる場合に、一般的には、鼻筋が低い悩みを訴える場合です。このような場合には、額はさらに広がって見え顔が丸くて大きく見せ、顔が全体的にのっぺり感を与え、典型的な東洋人の顔に見えるようになります。それだけでなく蒙古ひだより強化されて見えたりします。これを矯正するためには、眉間の間を補強して、鼻の開始点を二重まぶたのラインの高さ程度に高めてあげたら、鼻筋を山高く作ってあげることができます。山高く、十分に長い鼻筋を作るにはは、超ソフトシリコンを利用したり、自己軟骨と自己脂肪を利用したり、フィラーを使用して簡単に矯正することができます。眉間の間が高くなると鼻筋気顔の中央部に位置を保持し立体的に見えるので額は、より小さく見えて丸い印象が矯正され、より洗練された印象を与えることになります。ただし、どの程度の高さを出すかは個人によって皮膚が許容する範囲内で適切な高さを保持することにより鼻の手術をしたという印象を与えないようにされ、インプラントを使用している場合には、骨膜が深く正確に位置すれが側から見えず動きもせず手術を受けたのが目立たなくなります。ます。自己軟骨と自己脂肪を使用することは、異物を使用せずに、永久に維持されることができ、理想的ですが、十分な量の自己軟骨を持っていない場合には、施行する力にさせます。最も簡単で、手術後の回復期間が少ないことから最近フィラーを使用し、鼻筋を作るのが流行していますがフィラーを正確に分配して注入していない場合には、鼻筋がが広く見えて、フィラーが団結して見える現象が発生することがありますので、熟練した専門医に手術を受けることがおすすめです

ブタ鼻

  • 第二の原因は、鼻先が上を向いて見える事で一般的にブタ鼻とも呼ばれます。鼻を3次元的に支えている主な要因は鼻と軟骨、そしてこれを接続している靭帯組織です。アパートに例えると頑丈な鉄鋼構造物に該当するものです。鼻の皮膚や粘膜はある程度伸びることができる性質を持っているので、鼻を全体的に長く作ることに大きな障害はありませんが、自身の皮膚が伸びることができる程度で鼻先を延長しないと、長期的に皮膚が薄くなり、手術をした感じがするようになり、特に鼻の手術の後に発生したブタ鼻の場合鼻の中の傷跡で、皮膚や粘膜を十分に剥離して伸ばすことが必要であり、このプロセスは、高度の熟練した技術が必要です。その後は、鼻翼軟骨を、その上の軟骨から分離することになるこの過程で邪魔をしている靭帯構造を分離して、十分下に降ろすことが重要です。鼻翼軟骨を下に降ろした後は、これが再び上がらないように固定します。最近では鼻中隔延長術でたくさん使用していますが、どのような方法を使っていた間に下に降りてきた鼻翼が再度上がらないように十分に強く固定することが重要です。時によっては、鼻翼軟骨とその上の軟骨の間に軟骨を入れたり、鼻中隔を延長した後、延長された鼻中隔に鼻翼軟骨を固定することもあります。特に、過去に手術を受けた後、構築がひどくなった場合には、内側の支持台を強くしなければならため、耐久性の肋軟骨を利用して、鼻の長さを支えることが必要な場合もあります