曲がった鼻の整形術

手術について

비중격만곡증 이미지

鼻湾曲症候群とは、鼻が曲がった状態を指します。鼻湾曲症は曲がった部位に応じて鼻中隔湾曲症候群と外部湾曲症に分かれています。

鼻中隔湾曲症は鼻の中の軟骨と骨が曲がっていることをいい、外部の鼻骨や軟骨が曲がった事を外部湾曲症と呼ばれます。鼻中隔湾曲症がある人は、鼻づまり、炎症などの症状があり、外部湾曲症がある人は、外側の形状の鼻が歪ん出見え外観のコンプレックスを呼び起こします。二つを伴う場合がほとんどです。曲がった鼻を矯正するために整形外科を探している人は、主に外部的な矯正だけに関心を払っています。しかし、鼻の内部が曲がった鼻中隔湾曲症があるかをCTなどで確認する必要があります。鼻中隔湾曲症を見落として、外部的に曲がった鼻だけ矯正すると、鼻が再び歪み再発の可能性があります。

手術方法

曲がった鼻の矯正は、機能的な側面も重要です。鼻湾曲症 (曲がった鼻)矯正は曲がっている鼻骨を骨折させて中央に位置させ、外部(外側鼻)の軟骨を剥離して所定の位置に復元させる矯正術を施行します。同時に鼻の中に曲がっている鼻中隔部位を切除または切開して、中央の位置に矯正する鼻の中の鼻中隔湾曲手術も一緒に行われれば曲がった鼻を根本的に修正することができます。特にひどい鼻中隔湾曲症は切除した鼻中隔軟骨を曲がった部位に固定させる場合もあります。このとき、手術後異物感を感じる場合もあります。ひどく曲がっ外部を矯正するために鼻筋の骨を骨折させて中央に移動します。湾曲の程度がひどくない場合には、骨折をさせずに、比較的簡単な矯正術を通じて満足のいく結果を得ることができます。この場合、手術後の迅速な回復が期待できます。鼻の曲がった程度がひどくない場合鼻骨を骨折させず飛び出した部分の鼻骨を切ったり削ったりします。その次にシリコンを利用して、全体的に鼻の高さを上げて、適切な輪郭を作成する方法でシンプルでなお、簡単に曲がった鼻を矯正することができます。