鼻筋整形術

手術について

鼻筋の骨と軟骨が出会う部位である鼻の中間部位には誰もある程度の屈曲があります。この部位が目に見えて突出た場合なめらかに矯正をする手術をします。突出た程度がひどくなるとわし鼻になりますが、わし鼻程ではないながら鼻が突き出た場合はよくあります。したがって、一般的な隆鼻術をしながらも、突出た鼻を矯正しなければならする場合があります。突出た程度がひどくない場合には、突出た部分を軽く削る、あるいは鼻筋に乗せるインプラントを鼻筋の屈曲に合わせて彫刻をして補正することができます。これよりひどい場合はわし鼻整形術に近い突出た部位を削り出すべき必要があります。