鼻の再手術

手術について

鼻を再手術する理由はいくつかあります。他の病院で手術を受けて気に入らず再手術をしたい人を見ると、表面上に表われる様態も多様するだけでなく、鼻の内部の状態もそれぞれ異なります。それほど再手術は1次手術に比べて予測が難しい部分も多いです。鼻再手術をする理由には、大きく分けてみると、二つに分かれています。炎症があるか、インプラントが露出されたなどの1)の機能的な理由と2)の形状に関連する理由がそれです。鼻の再手術は、従来の手術による傷跡組織や保存の程度、皮膚の余裕と状態などが重要なカギとなります。また、最初の手術後6ヶ月程度の十分な期間が過ぎ傷口がある程度回復し、再手術が可能です。手術の方向は、患者が望む理想的な鼻の形と現在本人の鼻の状態に応じて決定されます。

手術方法

鼻の再手術は、場合によっては、オープン手術を実施することも、しかし、ほとんどの再手術は鼻の中を切開する非開放手術で十分矯正が可能です。鼻の再手術だからといって、複雑な手術だけではなく、簡単に必要な部分だけを軽く矯正することもできます。鼻の再手術は、以前に挿入したインプラントをはじめ、鼻先や鼻筋に挿入した軟骨など、以前の手術の痕跡を整理する過程が必要です。加えて、新しいインプラントと鼻先の軟骨の再配置が必要なため、再手術は、最初の手術に比べて多くの技術とノウハウが必要です。そのため再手術をするときは、経験豊かで手術技術の基本がしっかりとした医師に手術を受けることが重要です。

回復期間

多くの人が鼻の再手術をすると、最初の手術よりも回復期間が長くなることを知っていますが、ほとんど鼻の再手術を受けた患者は、最初の手術に比べて回復期間を特別に長く置きません。 1次手術と同様に、手術後6〜7日に縫い目を抜糸し、約7〜10日前後程度の期間であれば急性に腫れが引きます。しかし、場合によっては、最初の手術に比べ腫れの持続期間が長くなることもあります。

  • ドリーム整形外科は鼻の再手術のために多くの臨床例と経験を持っており、患者に、より詳細な理解と結果に対する確信をしています。鼻の再手術を真剣に悩んでいる場合は、オンライン上の診療ではなく、病院に直接訪問して診療過程を介して、患者の状態を確実に判断することが必要です。加えて、手術のために期待に沿った詳細な説明を聞くことができます。