鼻先整形術

手術について

鼻を高くする手術といえば、通常鼻筋と鼻先をすべて高める隆鼻術を考えています。しかし、鼻先だけ矯正をする鼻先整形術だけでも活発に行われています。鼻先整形(Tip-plasty)は、鼻の整形の分野を占めている手術法で、鼻先の形に応じて様々な方法があります

理想的な鼻先の形はとがりすぎないで、山高く少しだけ上にあがった形であるのに対し、東洋人の鼻先は丸くて軟部組織がたくさんあります。美しい鼻先を作るために比翼軟骨間を縫合したり、軟骨を移植したり、鼻に柱を立てるなどのいくつかの方法で鼻先整形を実施することができます。

  • 鼻筋がある程度高い、もしくはインプラントを挿入し鼻筋を高くしたのなら、それに合わせた鼻先の形に整えてこそが理想的な鼻です。ドリーム整形外科で主に使用される鼻先手術過程は「鼻柱支持台挿入」です。自家軟骨(主に美中核軟骨)を利用して、支持台を挿入し、鼻先の軟骨を縫合し、次に縫合された軟骨の上に耳軟骨移植やアロダームの挿入を介して山高い理想の鼻を作ることができます。
  • 鼻の柱支持台挿入は隆鼻術の効果を最大化することができます。鼻の柱支持台挿入は唇と鼻先がなす角度をより理想的に洗練されてくれる役割もあります。また、鼻先を高くする効果が長期的に維持される大きな助けになります。