二重まぶたの再手術

手術について

二重まぶたの再手術は、様々な二重まぶたの手術不満を矯正してくれます。埋没法で手術した目の再手術をはじめ、切開法で手術した目、片側の目だけ再手術が必要な目、サイズを小さくしたり大きくしたりする目などを再手術に再設計します。

  • 二重まぶたの再手術は、従来の手術による組織の癒着や保存の程度、手術可能な皮膚の余裕などが重要なカギとなります。
  • 二重まぶたの再手術は、最初の手術より回復期間が似ていたり、少し長くなります。
  • ドリーム整形外科は二重まぶたの再手術について多くの臨床例と経験を持っています

手術対象

  • 左右非対称で二重まぶたの位置が異なる場合
  • 手術後の腫れが抜けていないように見える、いわゆるソーセージ目になった場合、
  • 手術後二重まぶたのラインがあまりにも太くなったり、解けた場合
  • 二重まぶたのラインがはっきりしていない、または複数重なって生じた場合
  • 二重まぶたの傷がひどい場合

二重まぶたの再手術の利点

ドリーム整形外科は二重まぶたの再手術について多く臨床例と経験を持っており、これまでのノウハウが蓄積されて誤った二重まぶたの原因を正確に発見し、補正して、根本的な矯正が可能になります。

手術方法

左右非対称で二重まぶたの位置が異なる場合

  • 既存の手術後6ヶ月以上経過しても、左右非対称がひどい場合、手術の対象とされ、眉毛の位置、目を開ける力の違いは、まぶたのたるみの違いは、二重まぶたの固定位置の違いなどの原因を見つけて修正します。

手術後の腫れが抜けていないように見える、いわゆるソーセージ目になった場合、

  • 二重まぶたが高く強く形成された場合に二重まぶたの高さを下げ、固定を弱くして、自然な二重まぶたに矯正します。

手術後二重まぶたのラインがあまりにも太くなったり、解けた場合

  • 二重まぶたの固定の深さと高さが間違っている場合に適切な高さと深さに二重まぶたを固定することにより、矯正します。

二重まぶたのラインがはっきりしていなく、または複数重なり生じた場合

  • まぶたの組織の癒着が発生した場合に癒着を細心で緩めて、最もふさわしいラインで二重まぶたを固定します。

二重まぶたの傷がひどい場合

  • 増えた傷を切除してえぐられている部分を修復して細心の縫合をすると、ほとんど解決されます