目尻切開 手術

手術について

目尻切開 手術は 目の外側のエッジである外眼角を切開して横の長さを増やす目の整形術です。目の外側の粘膜の部分を切開するため、傷跡の心配もなく、目を大きく美しく補正してくれます。瞳孔を基準に後方に苦しそうに見える場合は、目頭切開と目の横の長さを最大限に生かしたい場合、目がつり上がって見える場合によく使用される手術法です

目尻切開 手術の利点

目の外側の粘膜の部分を切開するため、傷跡の心配がなく、必要な場合は目尻を骨膜にしっかりと固定することにより、目尻の位置を調節して、再発の心配がなくなります。

手術方法

目の後方の外眼角を切開して、目の長さを増やし、切開の長さは、通常、2〜3mm程度です。切開した外眼角の皮膚と眼輪筋、外眼角を整理した後、必要に応じて他眼角件を骨膜に固定されます。整理した外眼角が再び付かないように細心の縫合します。

바깥트임 수술 전 이미지
붙는 현상을 유도하는 조직제거
바깥트임 수술 후 이미지