目頭切開手術

手術について

蒙古ひだは、まぶたの内側の端にあるしわで目の間が離れて見え、目が丸くて苦しく見えるようになる原因になります。目頭切開手術は目の横の長さを延長して、目を涼しく見えるようにすることを主な目的とします。蒙古ひだがひどい人が目頭切開手術をせず二重まぶたの手術を施行すると蒙古ひだがひどくなる場合が一般的です。二重まぶたの手術後にむしろ目がより小さくぎこちなく見え 手術の満足度が大幅に低下します。目の間の距離が十分に小さい場合でも、蒙古ひだにより二重まぶたがぎこちなく見え苦しそうに見える場合には、前に長さの延長せずに蒙古ひだを矯正する場合もあります。

目頭切開手術後に生じる傷は二重まぶたのラインの内側やまつげの近くに作るので、手術直後にも目立ちません。手術後2〜3ヶ月が経過すると化粧をしなくてもほとんど見えなくなります。

目頭切開手術の利点

私たちのドリーム整形外科での目頭切開手術は、skin-redraping手術(マジック目頭切開)、uchida手術法、hiraga手術法など一人一人に合わせた手術方法を適用しており、一律的な手術のために発生する各種合併症を防ぐことができます。無分別なマジック目頭切開(skin-redraping手術法)により、回復期間が必要に増えないことが非常に重要です。

手術方法

skin-redrapping目頭切開(マジック目頭切開)

  • 切開線がよく見えない部分に隠れた蒙古ひだの原因となる繊維性膜と眼輪筋を皮膚から分離した後、縫合します

uchida目頭切開

  • ひどくない蒙古ひだの改善のために切開の部分を最小化し、傷が発生する可能性を減らします。
skin-redrapping 앞트임(매직 앞트임) 이미지
uchida 앞트임 이미지

Hiraga目頭切開

  • 切開線がよく見えない部分に隠れた蒙古ひだの原因となる繊維性膜と眼輪筋を皮膚から分離した後、縫合します。

蒙古ひだ復元

  • 目頭切開が軽度の場合蒙古ひだの一部を再作成する手術です。
Hiraga 앞트임 이미지
몽고주름 앞트임 이미지