埋没法二重まぶたの手術

手術について

埋没法は、1〜2mmの小さな切開を介して縫合糸を埋没させる手術法です。手術後の回復が早く、手術した事が目立たず、自然な二重まぶたのラインを作ることができるという利点がありますが、デザインの芸術性と正確性、縫合糸の正確なハンドリング、ループの操作は、高度の熟練した専門医のみが行うことができます。外側の穴だけ2mm程度広くして、脂肪を抜いたり置くことができますので、厚みのある目やくぼんだ目でも適用が可能です。また、軽度の眼瞼下垂の場合、埋没法だけで大きな効果を見ることができます。

埋没法手術は、さまざまな名前を付けて、まるで全く別の手術法であるかのように誤解している場合があります。埋没法手術が出きてから、多くの微細な変化を介して、現在までに至っており、ドリーム整形外科では、これまでの多くの手術を通じたノウハウで二重まぶたが解ける可能性を最小限に抑えるます。二重まぶたというのは、目の上に一つの線のみとしてあるのではありません。二重まぶたを通って目つきを変え顔全体の雰囲気を変えることができるのは、手術する医師の芸術的な感覚が非常に重要です。同じように解けない二重まぶたでも、本人に最もふさわしい二重まぶたを作るためには、執刀する院長の卓越したセンスが非常に重要です。

埋没法二重まぶたの手術の利点

  • 自然で鮮やかなラインを作ります
  • 回復時間が短く、傷が残らない
  • 硬度の眼瞼下垂矯正効果

埋没法の誤解

よく埋没法は、二重まぶたがよく仕様と知られていますが、高度の熟練した専門医によって施術された場合には、解ける可能性がそれほど大きくありません。私たちのドリーム成形外科では、これまでのノウハウをもとに、縫合糸の正確なハンドリングとループの形を通し二重まぶたが解ける可能性を格段に減らしました。ただし、場合によっては二重まぶたが緩む場合であっても縫合糸を再びかけてあげれば簡単にラインをキャッチすることができます。

手術方法

  • 매몰법 쌍꺼풀 수술 전
  • 매몰법 쌍꺼풀 수술과정
  • 매몰법 쌍꺼풀 수술 후

最小切開連続埋没法は、1〜2 mmの小さな切開を利用して、縫合糸を埋没させることでまぶたの皮膚と眼瞼挙筋を接続させることです。最も外側の穴を通って余分な脂肪を切除したり不足している脂肪を移植して、脂肪を防ぐ処理が可能で、まぶたの厚さを調節することができ、軽度の眼瞼下垂を矯正することもできます。