아래 참조

ベリーラインとは?

美しい顔型の基準は、時代に応じて変化してきました。2000年代前半までは卵型、2000年代後半には「Vライン」、今後「ベリー(berry-line)」が一層進化した美しさを代表する顔型として注目される見込みです。ベリーラインはストロベリー(strawberry)から由来された用語で、西洋では美人型の顔を指してイチゴの輪郭に例えてきました

既存の卵型の顔が、古典的な美人ではあるが、多少リベットに見える印象を持っていたとしたら、Vライン顔は、モダンな感じを与えたりしても冷たく見える欠点がありました。この二つの顔型が適切に融和されたベリーライン顔型は、卵型やVラインの下顎に比べて、より洗練され、若くて、可愛らしいイメージを演出します。

계란형 & V라인
베리라인 - [베리존(berry- zone) : 해부학적으로 'para-symphysis'라고 불리는 부위로 코 중앙 끝에서 입 양쪽 끝을 직선으로 그었을 때 턱선이 만나는 지점의 주변부를 말합니다.]

ベリーライン下顎手術効果は?

ストロベリーの愛らしい輪郭を似るベリーライン。耳下から柔らかく滑らかに降りてきて、口元の下くらいで少し狭くなるポイントを成して、顎先から自然に仕上がります。
ベリーラインが生きていれば前顎が狭く顔が小さく見え、ハートゾンの前頬骨と頬肉が自然に強調されて、立体的で若く見える効果があります。これにより、童顔、洗練された印象、既存よりは小さく、やや長めになった顔、はっきりした目鼻立ちが一層引き立つ立体的な美しさを一度に得ることができます。

동안효과, 세련된 인상, 입체전인미(美) 부각, 작고 갸름해진 얼굴

ベリーライン下顎手術とは?

ドリーム整形外科は、顔の下顎線が不調和した人々の顔をベリーラインにするために骨、筋肉、脂肪、皮膚を一度に整えるオールインワン(all-in-one)手術をしようとしています。顎下には、感覚を担当する神経が過っていくのでベリーゾンをデザインするのに、技術的な熟練したテクニックが要求されます

ベリーライン下顎手術は、紙という2次元的な平面を包丁で裁断するのではなく、顔という3次元的な構造物を先端装備と長年熟練した経験を通じて美的な眼目を持った医師が実施する顔面輪郭手術です。

手術対象

동안효과, 세련된 인상, 입체전인미(美) 부각, 작고 갸름해진 얼굴
  • 顔の上下は短く顎が広い四角型である場合
  • 顔の幅が下に行けば広くなったり平行した場合
  • 顔の下側が強く重く感じられる場合
  • 顔の横から見た場合、顎の輪郭線が成す角度が90度に近い場合

手術特徴

All-In-One

  • • ベリーラインを作るために骨だけ手術するのではなく、筋肉、脂肪、皮膚にも感心を払っています。骨、筋肉、脂肪、皮膚のすべてに関心を傾ける複合整形手術形態であるオールインワン(all-in-one)手術を試します。

New technology

  • ややこしいベリーゾン部位を熟練した技術で、自然な仕上がりために様々な先端機器(骨スカルペール)を活用します。

Well-balanced line

  • 顔の全体的なバランスを考慮して下顎の全体の顔のラインを調和演出します。

Scientific study

  • 人の顔型に応じた洗練され、科学的な分析を介して、手術前の個人に一番最適なベリーラインをデザインします。

Complex effect

  • 童顔効果、洗練された印象、小さく細長くなった顔、立体的な美が浮き彫りされている効果をいっぺんに得ることができます。
ベリーライン下顎手術前に知っておいてください
  • 下顎(下顎)手術の結果は、顎先の模様が左右する場合が多いです。正面効果も四角から決定されるよりベリーゾンで決定されます。
  • 下顎の手術対象のうち、すべての人が皮質絶骨が必要されるわけではありません。すべての人が長い曲線切除が必要なこともありません。どちらか一つだけ必要な場合もあり、両方必要な場合もあります。正確な手術方法の決定は、3D CTを通じた診断と専門医との相談を通じて決定されます

オールインワン(ALL-IN-ONE) 手術

ドリーム整形外科のベリーライン下顎手術は、顔の下顎をベリー手術するために、骨、筋肉、脂肪、皮膚の両方に感心を傾けるオールインワン手術(All-in-one)の形で行われます。オールインワンの手術のためには、こららの4つの考慮が多角的に行われます。

個人の顎の形を最大限に考慮して、2次角が生じない切除する「骨手術」(長い曲線切除術、皮質切骨術)とともに、骨についている咀嚼筋筋肉を高周波を利用して減らす「筋肉手術」、頬骨及び頬内側の脂肪幕の袋を除去したり、皮下脂肪を減らしてくれる「脂肪手術」、手術後に皮膚の密着を速める管理などがあります

顎を削りだす方法は、顎の形に応じて様々な方法が使用されます。顎の形に応じて、いくつかの手術を複合に使用して、正面あから見た時、はっきり顔の幅と長さを減少させます

2차각이란? 사각턱을 직각삼각형 모양으로 뼈를 잘라냈을 때 생기는 또 다른 각
  • 長い曲線切除術 : 既存の四角の顎手術で四角を切り取って、下手をすると2次角が発生しやすいです。これを防止するためには、正確な計算によって、一度にベリーゾン(前顎横にくぼみ)まで自然カーブを達成しながら、骨を切り取ることが重要です。
  • 皮質切骨術 : 下顎の骨構成層の中、外側の骨の部分(皮質)を切り離して、正面から見た時、顔の幅を減らす手術です。
  • T 切骨術 : 下顎をまっすぐに水平にカットし、3ピースを出した後、中に骨は除去して、両方の部位を中央に集めて顎を狭める手術です。
긴곡선절제, 피질절골술, T절골술 긴곡선절제, 피질절골술, T절골술

先端機器を活用してベリーゾン部位を滑らかで自然に仕上がります。自然にカーブを回って、骨を削らなければならない長い曲線切除術や皮質切骨術を試すには、以下の装備が便利に使用されます。

동안효과, 세련된 인상, 입체전인미(美) 부각, 작고 갸름해진 얼굴
Bone scalpel

骨組織周辺の血管及び神経組織に損傷を与えることなく、振動が少なく、より細かく、正確に必要な部分だけを切断する器具で、物理的な力を加えない骨の損失を減らすことができている。

Burr와 Rasp

細部的に模様を作って磨く方法で大きな塊を切り取り、徐々に整えていく便利な機構

筋肉

下顎角の咀嚼筋筋肉が多ければ高周波で縮小したり部分的な筋肉を切除して縮小します

계란형 & V라인

脂肪

頬骨及び頬内側の脂肪が多い場合、脂肪幕の袋を除去し、顔を縮小します。

베리라인 - [베리존(berry- zone) : 해부학적으로 'para-symphysis'라고 불리는 부위로 코 중앙 끝에서 입 양쪽 끝을 직선으로 그었을 때 턱선이 만나는 지점의 주변부를 말합니다.]

皮膚

先端装備であるエルコーニアレーザーを使用して骨に皮膚が効果的に密着するようにします。

베리라인 - [베리존(berry- zone) : 해부학적으로 'para-symphysis'라고 불리는 부위로 코 중앙 끝에서 입 양쪽 끝을 직선으로 그었을 때 턱선이 만나는 지점의 주변부를 말합니다.]